貝谷(カイタニ)バレエ団


2018年 80周年

プロフィールと主な作品 →(貝谷八百子バレエ団の歴史のページを御覧下さい)

創立者・貝谷八百子(カイタニヤオコ)は1934年13歳でエリアナ・パブロバに師事し17歳で歌舞伎座で舞台デビューを飾り、1938年

貝谷八百子バレエ研究所、後の貝谷バレエ団(貝谷八百子バレエ団)を設立し、現在79年の歴史をもつバレエ団です

数多くの本邦初演の全幕バレエ(シンデレラ・三角帽子・くるみ割り人形・ロミオ&ジュリエット等)の作品を上演しながら貝谷八百子         

創作のオリジナル作品(ポギーとベス・マクベス・惑星等)も多数発表しております

since 1938  2018年80周年を迎えます

戦前、戦後の日本のバレエ界をリードし、数多くのダンサー・指導者を輩出しました。

現在、日本バレエ協会、世田谷クラシック連盟等の公演に参加。

現代表の大竹みか、山本教子を中心に創立者の意志を継ぎバレエ団員、生徒の指導にあたっています。

156-0043  東京都世田谷区松原6-12-11 

Tel: 03-3322-7801  Fax: 03-5376-2727  

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 日本が戦争に敗れた翌年の1946年、焦土と化した東京で『白鳥の湖』全幕日本公演が行われた。

17日間の長期公演となり、帝国劇場は連日満員の観客であふれた。オデット / オディールを踊った貝谷八百子の名前は、戦後の             

日本バレエ史の第1ページにしっかりと刻印された。彼女はエリアナ・パヴロバにバレエを習い、17才で歌舞伎座を2日間借切って 

華々しくデビュー公演を行った。その翌年、その翌々年にも歌舞伎座公演を行い、それがいつしか貝谷バレエ団になった。
 

貝谷バレエ団は、51年に『シンデレラ』、53年に『くるみ割り人形』、56年に『ロミオとジュリエット』の全幕日本初演を行い、            

また創作バレエ『ポーギーとベス』を発表するなどして日本バレエをリードする存在となった。しかし彼女は数々の偉業を残し、           

91年に69歳でこの世を去った。この松原のスタジオにはそんな貝谷の華麗なバレエ人生の全てが、今なお大切に引き継がれている。

バレエ評論家・山野博大氏より)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 

記念碑は、下記のボタンを押して 御覧下さい

 



 橋浦勇先生を囲んで 特別レッスン生                      懇親会   

 

 


Anniversary  Concert のお知らせ

 

以下の各研究所のボタン(小浜研究所ブログを除く)を押して、

詳しい案内を御覧下さい。

お問い合わせは、各研究所に直接、お願い致します。   

〒625-0087  京都府舞鶴市余部下672  大橋厚生会館

Tel;090-7090-6697

 

〒620-0056  京都府福知山市厚中町81番地

Tel; 090-1672-4676

 

http://kaitaniballetobama.blogspot.com/ ← こちらのアドレスもあわせて検索して下さい。

〒917-0073  福井県小浜市四谷町1-10 

      春松ビル1F

Tel; 080-8695-3878